食べても脂肪燃焼する簡単ダイエットの方法

あなたのゼイニクを脂肪が勝手に燃焼していくシステムで燃やしてみせます!

食事制限をしなくても、運動をしなくても、脂肪を燃焼させてみせます!!

シークレットレポート

足を細くしたいあなたに

“もし、あなたが「脚だけはやせないわ?」と
お嘆きならば、今回ご紹介する無料レポートを
見ることで、「脚太」と サヨナラ できます”


------------プレゼントレポート----------------
レポート1

美味しく食べて、細くなる!
驚異の裏技「脚やせサプリ」

第1章:「脚やせ」を加速させるサプリとは?
(1)まず、サプリメントについて、おさらいしましょう。
(2)栄養ドリンクの真実?!

第2章:「脚やせ」に効くサプリとは?
(1)なぜ、サプリは高額なのでしょうか?
(2)「脚やせ」に効くサプリの成分.

第3章:「脚やせ」に効くサプリの裏技とは?
(1)あえて、食品から摂取する!
(2)「脚やせ」に即効性のある裏技サプリ


レポート2

もう、騙されない!
「セルライト」の真実

第1章:「脚やせ」に登場する「セルライト」とは?
(1)「セルライト」という言葉をご存知ですか?
(2)そもそも、「セルライト」とは何か?

第2章:「セルライト」のメカニズム
(1)なぜ、「セルライト」は出来るのでしょうか?
(2)「セルライト」の定義とは?

第3章:「セルライト」の真実
(1)私も騙されました. ...OTL
(2)「セルライト」で見分けるダイエット鑑定法

---------------------------------------------

この2つのレポートを199名様限定で配布いたします。
あなたの脚の悩みもこれで解決です。

 ⇒⇒ 199名限定の足やせ情報を無料でもらえるのは今だけ!
タグ:足やせ

足やせダイエットとセルライト

足やせダイエットをはじめるにあたり、まず知っておきたい言葉があります。
それは、セルライトです。

何かの商品とか鉱石のような名前ですが、実際は腹部や臀部、大腿部にブロック状に存在する不均一な皮下脂肪のことです。

ダイエットとは、体重を減らす事にあらず。
このセルライトを減らす事です。

足が太くなる原因は、まずほとんどがこのセルライトです。

とはいえ、このセルライト、医学的にはその存在をまだ認められていません。

どういう事かというと、まだ定義がはっきりしていないのです。

一部では『脂肪細胞同士が付着した脂肪の塊』『脂肪組織に老廃物が溜まったもの』『主な成分はコラーゲン』『リンパ液の塊』など、諸説入り乱れているというのが現状です。

分かっているのは、このセルライトが身体には余分なものであり、見栄えを悪くする要因だということです。

このセルライトの恐ろしいのは、一度できてしまうと自然には消えないところです。

当然、どんな方法でも消えないということはないのですが、意識してダイエットしないといつまでも残り続けます。

特に脚に関しては、セルライトは足やせの大きな課題となるでしょう。

足やせを行う上で天敵となるこのセルライト、通常の皮下脂肪の対処法では消すことができないと言われています。

マッサージ、あるいは美容整形手術といった特別な治療や、専用の食品を使った食事療法が必要なのだそうです。

足やせは、こういったマッサージなどを取り入れる事が多いので、自然とセルライト解消にもつながることになります。

足やせダイエットに興味ありますか?

足やせダイエットと一言で言っても、実際に足やせってどう行えば良いのでしょう?

普通のダイエットのように、食事制限をしたり、運動したり、ヨガや体操をしたり、サウナに入ったりすれば良いのでしょうか。

あるいは顔やせのように、パックをしたりすれば良いのでしょうか。
あまりイメージがわかない人もいるかと思います。

足やせは部分やせの一種です。
よって、足やせ用のジェルやマッサージ機などもあります。
これを活用するのも、当然方法のひとつです。

ただ、それだけでは効果が出にくいものです。

というのも、体質にもよりますが、足はお腹と同様に脂肪がつきやすいからです。

その為、通常のダイエットと部分やせを組み合わせるのが効果的といわれています。

足は運動の基盤となる箇所です。

ランニングにしても散歩にしても、あるいは体操やヨガにしても、足を動かす事が第一。

よって、ある意味最も負荷をかけやすい箇所ではあります。
そして同時に、筋肉がつきやすい箇所でもあります。

そう考えると、簡単なようで難しいのが足やせということになりますね。

足やせを行うためには、運動は必要不可欠です。
もちろん、大事なのは継続すること。

運動しつつ、足やせ用の商品を使用することで、効果は飛躍的に増すでしょう。

足やせの基本は、足に集中させるより、全身をくまなくダイエットしつつ、足を特に集中的に行う、というスタイルです。

足やせは、意外と簡単ではありません。
さまざまな方法があるので、その中で自分にあったダイエット法を見つけてみてください。

無料の足やせ情報もありますので、参考にされてもよいでしょう。

 ⇒⇒ 199名限定の足やせ情報をもらえるのは今だけ!

ダイエットをする目標

あなたにとってダイエットとは何でしょう?

今回は、痩せた後でなにをやりたいかをちょっと考えてみてください。

これは、すごく大事なことなんですよ。

あなたは何か資格を持っていますか。

その資格はなぜ取ろうと思われましたか。

生きていく工程のなかでスムーズに快適になるために取得されたのだと思います。

身近なところでは、運転免許などがあります。

運転免許を持っていないと、もちろん車は運転できません。
運転は出来るのですが、運転したら法律違反で捕まります。

車があれば、移動がすごく楽になります。

今までの行動範囲が広がり思った場所に移動できるようになります。

子供の頃は遠かったアノ場所へでもほんの数十分〜数時間程度で行けるようになりますよね。

車の免許を取る理由は移動を快適にするためです。

つまり、

車の免許を取得する理由は

目標があったからです。

「運転できるようになる」

という目標がありました。

あなたは車を運転できるようになるために、勉強し見事に免許を取りました。

これを客観的に見ると、

目標 → 努力 → 成功

という一列の形があります。

自転車でも同じことです。

自転車に乗れるようになるために、しっかり練習して乗れるようになります。

動機は、周りの友達が乗れるから、友達の家まで遊びに行く、高校まで通学など、

動機、目標があったからこそ、成功できるようになります。

ダイエットも同じことが言えるんです。

ただ、なんとなく 「痩せたいな〜」

ぐらいでは、それは目標といえません。

運転免許や自転車に乗れるようになったときは

“乗れるようになる!”

という明確な目標がありました。

しかし、ダイエットに関して成功できない人のほとんどが

「やせたいな〜」

ぐらいでとてもではありませんが、明確といえませんよね。

あなたもそう思いませんか。

これからあなたに考えて欲しいのは、

「目標を明確にしておく」

ということを覚えておいてください。

ただ、コレだけでは痩せることは出来ないのが現状です。

続きは・・・

長くなりますので、>> こちらへ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
タグ:ダイエット

ダイエットは痩せることではありません

あなたはダイエットと聞くと、なにを思い浮かべるでしょうか?

運動?それとも食事制限?

実はそんなもの必要ないんですよね。

なぜならそれは、ダイエット=痩せることではないからです。

確かに運動や食事制限を始めれば痩せていくことは間違いないでしょう。

間違いないのですが・・・・・


運動・・・

これは、健康的で一番良い方法ですよね。

でも、普段運動をやらない人がいきなり運動を始めたとしても効果的にはダイエットに成功できるとは言えないですよね。

まず、運動を使って痩せるためには、有酸素運動をして酸素を体に送り込んで脂肪を燃焼させていくことが先決なのです。

ですが、運動を普段やらない人がいきなり運動を始めてしまうと有酸素運動が効率よくできないのです。

それは普段体を動かしていないので、すぐにスタミナ不足になるからです。

そんな状態で、どうやって効率よく酸素を体内に送ることが出来るでしょうか?

申し訳ありませんが、そのような運動では全く痩せる事ができないでしょう。


次に食事制限を考えます。

食事制限は極端に肥満になった人や、病気などで強制的に痩せなくては
いけないような方がやる医療行為です。

なにも健康なあなたが医療行為をする必要がどこにあるでしょうか?

しかも、食事制限で痩せたとしても基礎代謝が下がる一方で、結果的に徐々に痩せにくい体に変化してしまいます。

まさに、代謝を下げる方法です。

あなたは、まだ痩せることばかり考えて間違ったダイエットを続けるつもりでしょうか?

もう一度言いますが、


ダイエットは痩せることではありません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ダイエット本来の意味は規則正しい食生活を意味します。

これは、アメリカのdiet=食物、(日常的な)食事という意味になります。

日本だけはなぜか、diet=痩せる、ことのように言われています。

ギリシャでは生活のやり方という意味になります。

このように、ダイエット本来の意味は、日常的な食生活や生活のことをあらわすのです。

つまり、なにをやるべきなのか?

普段の食生活や生活をすればいいのです。

あなたはダイエットのことばかり考えて様々なダイエット用品を購入してきたのではありませんか?

果たしてそれ自体に効果はありましたでしょうか?

本当に真剣に根本的な考えが知りたいのあなたのみ、

>> こちらをご覧ください。 
タグ:ダイエット

あなたの異常食欲の原因と改善方法

食べても食べてもおなかがすく人っていますよね。
で、結局太ってしまう・・・・

ちょっと普段食べているもの、昨日一日食べたものでもいいので、思い出してみませんか?

・・・・

・・・・・

・・・・・・


思い出せました?

ひょっとして、栄養が偏っていませんか?

塩分が多い食事じゃないですか?

炭水化物や脂質やたんぱく質ばかりの食事になっていませんか?


で、ビタミンや食物繊維、ミネラルが不足していませんか?

外食している方は、特に塩分の摂取量が多いと思います。

過剰な塩分が体内に蓄積されると、やがてそれはセルライトに・・・・

怖いですよね。

こういう偏った食事や、異常な食欲を改善するためのレポートがあります。

無料ですので読んでみてください。
自己分析表もあり、客観的に自分を見つめられると思います。

右クリックで、「対象をファイルに保存」して読んでください。

>>異常食欲の原因と改善方法
タグ:食欲

なぜダイエットが必要なのか?

あなたは自分の体に自信がありますか?

お腹がぽっこり出ていませんか?
もしくは二の腕がタプタプしていませんか?

数多くの中高年者の方は肥満で悩んでいます。
肥満の原因は食べ過ぎや運動不足です。

不健康な生活が長く続くと必然的に肥満体質になってしまうのです。

残念ながら脂肪が体にたっぷりついていると健康が損なわれます。

ある生命保険会社の調査によれば、「肥満者は短命」という結果が実際に出ています。

糖尿病、高血圧、胆石症、通風、心臓病・・・

これらの病気で苦しんでいる肥満の男女が増えています。

つまり太った人は病気になりやすいのです。

もしほんの少しでも「体の脂肪が気になるなぁ〜」とお思いでしたら、今日からダイエットを始めましょう。

この記事の筆者は村本エリカさんという方なのですが、彼女は食べても脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを開発した筆者で、無料でレポートが配布されています。299名の配布です。

今からダイエットを始めようと思ったあなた、ぜひ参考にされてみてください。

>> 今すぐ正しいダイエットの無料レポートを請求する
タグ:ダイエット

甘いものをたべてはダメ、というのは・・・・

甘いもので太る人は腎臓が弱い人です。

腎臓というのはおしっこを作ることころ、体内のいらない水分や老廃物を排除してくれる場所です。

その腎臓は甘いものが苦手なんです。

甘いものを取りすぎてしまうと、腎臓がうまく機能しなくて水分代謝がうまくできなくなります。

水分代謝が出来ないということは体内に余分な水分が溜まっている状態です。
これをむくみと言ったりします。

そのむくみをほったらかしにしておくとセルライトの原因になります。
また塩分も取りすぎるとむくみの原因になります。

だからといって全く甘いものを食べないことはあまりお勧めしません。

それは、疲れているときに絶大な効果を得ることが出来るからです。

甘いもののなかにある糖質は、すぐに体内に吸収されてエネルギーに変わり、疲れを解消する働きがあるからです。

ですから、まったく甘いものを食べないというのはあまり良くありません。

甘いものを食べたくなる原因なんですが、ちょっとあなたに子供がいるのでしたら思い出して欲しいんですよ。

もちろん、自分の子供の頃でもかまいません。

理由はどうして甘いものが好きなのか、をです。

あなたにはお子さんはいますか。

そのお子さんに絵本を買い与えてはいませんか。

私の例なんですけどね。
多分ほとんどそうじゃないかな?って思います。

で、絵本を子供さんと一緒に見て欲しいんですけどメジャーな絵本には、必ずってほど甘いものが載ってますよ。

私がしっているのでは「ちぶくろサンボ」「ぐりとぐら」

これらの話の最後はハッピーエンドで終わるんですが、ハッピーエンドの時に甘いものを食べてるんですよね、それも尋常じゃないですから。


・ちびくろサンボ引用

3人はホットケーキをたっぷりと食べました。
マンボママは27個、ジャンボパパは55個、そして、ちびくろサンボは、なんと169個も平らげてしまいました。


・ぐりとぐら

グリとグラに関しては、かれらの背丈ほどいやそれ以上のフライパンでカステラを焼いているんですよね。


他にも甘いものをリンクさせているお話は多いものです。

子供の時から自然と甘いものが幸せなんだって植えつけられているような気がします。

もしかしたら、あなたのおかあさんはあなたに絵本をたくさん読んでくれたのかも知れませんね。

だからあなたは甘いものがすきなのかもですね。


・結論

はなしがそれたのですが、食べ過ぎればむくみの原因になるけど、甘いものは食べ過ぎなければ食べても良いし、甘いものは幸せを感じれるツールみたいなものです。

それは子供の時から自然と身に付いたものですからね。

>> 今すぐ正しいダイエットの無料レポートを請求する
タグ:甘いもの

運動をすれば痩せるというのは、自分を追い込む

運動も食事制限で痩せるというのと同様に、当たり前に言われていることですよね。

運動はすごく体に良いですし、私も運動をしてやせていくことを大いに進めます。

賛成です。

賛成は賛成なんですが、そこに「大きな罠」といいますか、その「あなたは続きますか?」ってことを言いたいんですよね。

大きな罠って言うとなんか大げさに聞こえるかも知れませんが、大げさでもないんです。

それは、スポーツクラブやフィットネスクラブで挫折した人ならわかると思うんですが、スポーツクラブ等は会員制ですよね。

月額で費用がかかってしまいます。

つまり、通っても通わなくてもお金が取られるんです。

最初は体のためを思って通うんですがそのうち、行き来がめんどくさくなったり、運動自体に飽きたりして継続しなくなるんですよね。

まあ、普通のことです(^^;

あなたやその続かないひとだって、普段の生活の限られた時間の中から、暇を作っていくのですからね。

で、その忙しい生活の中、強制的に作った時間で無理やり通って運動することが辛かったりするともう行きたくなくなるんですよね。

で、面倒で行かなくなっても、月額だからお金だけは持っていかれる。

さっき言った「罠」の部分です。

じゃースポーツクラブに通わなければいいんじゃないの?

っていう声が聞こえてきそうですが、そうですか、あなたは一人でさびしく、ウォーキングや家にこもって腹筋腕立てをせっせとするんですか。

もし、そのウォーキングの歩き方や腕立てや腹筋のやり方が効率が良くなかったらどうするんですか?

そこまで考えていませんよね。

ウォーキングやジョギングをするときは、正しいやり方でやらないと効果がほとんど上がりません。

腕立てなどの筋トレだって、筋肉を鍛えるための効率の良いやり方だってちゃんとあるんです。


・結論

そこまで考えないと効果がでにくい運動をやってまでも、自分を追い込んでやる必要性があるのかな?
って思います。

インストラクイターについてもらって、月額をはらってやっても良いんでしたら運動はいいですけどね。

それ以前にあなた自身が運動が好きか?
って自分自身に説いた方が良いです。

>> 今すぐ正しいダイエットの無料レポートを請求する

食事制限をすると痩せるのは本当か?

「あなたのダイエット方法はなんですか?」
と一般的に聞いてみると、「食事制限」と答える人がほとんどです。

確かに食事制限は痩せることが出来るんですよね。
間違いないです。

食事制限は読んで字の如く、食事を制限することです。

今まで3食食べていたとします。
朝を抜いたり昼を抜いたり夜を抜いたりすることも食事制限です。

一食の量を今までよりも減らすことも食事制限です。

物理的に考えると、食べる量を減らすのですから体重が減って当たり前なんです。

当たり前なんですが、当たり前じゃなくなる時期がやってきます。

当たり前ジャなくなる状態というのは・・・

まず、あなたが太りもしない痩せもしない献立がこれだとします。


・太りもしない痩せもしない献立

朝 ご飯、味噌汁、たくあん
昼 パスタ、サラダ、スープ
夜 ご飯、しょうが焼き、ほうれん草のおひたし、味噌汁

間食 プリン、アイス

しかし、これではあなたは太りもしないし痩せもしません。
そこであなたは食事制限をすることで痩せようと思いました。


・食事制限の献立

朝 たべない
昼 パスタのみ
夜 しょうが焼き、ほうれん草のおひたし

間食 なし

このように食事制限をしました。
食事制限を始めたときは、すぐに2〜3kgは落ちていきます。

でも、3キロ、4キロと痩せていくうちに、はじめより痩せる速度が落ちて、最終的には食事制限の献立では痩せなくなってしまいます。

そして、今以上に食事制限を試みるのですが、やはり自分が思った以上には痩せなくなります。

なぜでしょうか?

この現象は、からだが飢餓状態だと認識して制御機能が働くんです。

これは生き物が持っている機能の一つであり、生きていくために必要な自然の成り行きです。

先ほど言った当たり前じゃなくなる時期というのがこれの当たります。

この当たり前じゃなくなる状態になると、基礎代謝量が極端に減って、太りやすい体質に変化していきます。

つまり、新陳代謝が低くなって、低代謝になってしまうということです。


・結論

ですから、食事制限をしてやせたとしても、最初は痩せるけどそのうち
痩せなくなる。
それは低代謝になるからなんですね。

>> 今すぐ正しいダイエットの無料レポートを請求する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。